災害お見舞い5.gif

2008年06月17日

えにわの湯

080617_1659~0001.jpg
久しぶりに「えにわの湯」に行くことに。
クーポンを探してみました。
http://fhp.jp/ymp/
ありました^^
1,280円で「温泉&海鮮丼パック」、いいですね。
しかし、このクーポンは小さくて有効期限がわかりません^^;
電話すると今月いっぱいは有効でした。
やった!

アジアからのツアー客が、併設の食事処「荒狗路」を貸切中。
30分待ってのランチタイムとなりました。

080617_1333~0001.jpg 080617_1334~0002.jpg
お吸い物付き。この椀は薄味でおいしかったです。
それに海鮮丼、安いのに充実してますね^^
鮭、イカ、鮪、蛸、たまご、大葉、いくら、海苔。
ですが、見えないところにガリ。
そして、たまごの下に隠れて蟹。

ようやく、温泉に入ります。
ここは、マッサージ器以外はコインはいらないのでいいですね。
あとでコインが戻ってくるロッカーは多いけれど、意外にめんどうですから。

すっかり施設は古くなってしまったけれど、ここのモール温泉は変わらずいいお湯です。桧の縁が気分を盛り上げます^^
見た目は地味な露天ですが、それはそれはしょっぱい塩泉。
これもいいです。風が気持ちいい〜^^

下を覗くと裏の庭園はあまり手入れが行き届いているとは思えませんが、それでも蓮の花が咲いていてなかなかの雰囲気。
大きな鯉が泳いでいました。

浴衣、フェイスタオル、バスタオル込みでご飯も食べたし。
休憩所は男女に分かれた仮眠スペースもあって、ここはリクライニング・チェアごとに1台のテレビ付き。毛布も枕もある。
割りにお勧めだと思ったのでした。

080617_1455~0001.jpg
休憩でビール〜^^
だって運転してないんだもーん。

■割烹温泉 えにわの湯
恵庭市戸磯397-2
年中無休
夜は割り増しで泊まれます



posted by aalto at 23:57| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

定山渓 花もみじ

hanamomiji-004.jpg hanamomiji-006.jpg

札幌市南区にある定山渓温泉では他の温泉地に流れるお客さんを引きつけようと、ここ数年は食事の内容が良くなってきているのだと聞きます。
昨年の春先に鹿の湯別館「花もみじ」に行きました。

少しグレードをあげたプランの方が絶対にいい、と聞いていたのでちょっと奮発して部屋食の「貸切湯付き特別会席 彩花膳プラン」にしてみました。
貸切風呂は三種類の中から選んで予約できます。

サイトで見たとおり、なかなか豪華で量もかなり・・・の夕食でした。ワタシは、サランラップと紙皿を持参して食べ残したものは、お風呂の後に再び食べました(笑)
温かい料理は、きちんと温かいままでサービスされて美味しかったです。

hanampmiji-002.jpg hanamomiji-005.jpg

ロビーには、自由に飲むことができるコーヒーと白ワインが・・・。
コーヒー好きのワタシには嬉しいサービスです。

団体客に遭遇することもなく、ゆっくり温泉に入ることができました。
女性専用のもみじ湯は無料のマッサージチェアが二台。白ワイン、冷たいお水、麦茶が置いてあります。これもサービス♪
ワタシはこのもみじ湯が気に入りました。夜はライトアップされた露天がキレイです。
もう一度泊まってみよう、と思う旅館のひとつになりました。

■定山渓 花もみじ
札幌市南区定山渓温泉3丁目32
http://www.shikanoyu.co.jp/home.html
彩花膳プランは平日3〜5名で¥15,300
posted by aalto at 11:24| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

湯処 花ゆづき(西区)

060110_1605~001.jpg館内は画像が撮れないの

昨年暮れにオープンしたばかりの大型銭湯「花ゆづき」。
いつも前を通ると車でいっぱいです。

銭湯価格よりちょっと高い600円ですが、何度も出入り可能なのが人気なのかしら?
ワタシはお昼を済ませて行ったので利用しませんでしたが、多くの人がレストランで食事をしていました。別海のソフトクリームにも心を惹かれるわ〜。

一番良かったのは、「漢方薬炉」と名づけられた漢方スチームサウナです。
低温サウナは息苦しくならず、暑がりのワタシにピッタリ!
背中を暖かいお湯が伝わって腰から足元に流れていく、座湯のスタイル。
壁に炭を埋め込んであり、足元は足湯ができるようにお湯が溜めてあります。

■湯処 花ゆづき
札幌市西区二十四軒3条1丁目19
JR琴似駅から桑園方面へ徒歩10分
10:00〜24:00(受付23:30)無休

別料金400円で岩盤浴も楽しめます。
http://www.hanayuzuki.jp/



posted by aalto at 14:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

神宮温泉(銭湯)

温泉の名を冠っているけれど、普通の銭湯。
数年前に改修した時にも、壁のタイルに描かれた「筏下り」の絵は残してあって古き良き銭湯のイメージを大切にしています。男湯と続いて1枚の絵を形成しているようなので、残りの半分を見たいのですが・・・(笑)

バードカービング(鳥の木彫り)はご主人の趣味なのか、脱衣場にたくさん並べてあります。
古い体重計が懐かしい。よそ様が乗っている時には覗いたりしない、しない。

大型銭湯はレジャーランドみたいで楽しい。でも、こんな普通の銭湯があると嬉しくなります。

■神宮温泉
札幌市中央区北3条西29丁目1−18
月曜定休
駐車スペースは4台くらいかしら。
posted by aalto at 12:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

十勝ガーデンホテル

tokachi-001.jpg  tokachi-002.jpg
同じ北海道であっても、ワタシの実家がある函館は三方を海に囲まれた地形なので「ヤッホー!」という広さは感じませんが、十勝はまさに「これぞ北海道!」という雄大な風景が続きます。昼は北海道らしい風景を楽しんで、夜は夏であれば屋台村の「おそと」の席でビールを飲んだらステキでしょうね。

帯広駅が近く、屋台村に歩いて行けるビジネスホテルを拠点に選ぶとしたら「十勝ガーデンホテル」がいいかも知れません。おまけに帯広名物豚丼の名店「ぱんちょう」まで徒歩1分!通りを挟んで隣なんです。

帯広は温泉が付いているビジネスホテルが意外に多いんですね。ここの「十勝ガーデンホテル」もモール温泉付きです。とてもいいお湯で、サウナもあります。
エントランス、ロビーもなかなかきれいで、インターネット接続無料なのもありがたいです。

そして、なんと言っても朝食が美味しい♪
洋食か和食が選べます。半分バイキング方式のようです。
和食でもコーヒー、ジュース、サラダ、あとは確かヨーグルトも付けられます。
充実した朝ごはんです。

チェックアウトが11時と遅めなところもいいですね♪

画像はホテル前から「ぱんちょう」の方に向けて。朝食のヨーグルト。
posted by aalto at 19:39| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

夢元 さぎり湯(登別)

地獄谷が源泉を感じさせる登別温泉。11種類もの泉質があるのは珍しいらしいのです。
その中にあって、硫黄泉とミョウバン泉を楽しめる、銭湯の「夢元 さぎり湯」は温泉街に温泉を供給している会社の直営温泉。

おしゃれさとは無縁な施設だけれど、地元ファンが多いだけあって湯冷めしない泉質効果は札幌に帰ってくるまで持続していました。これが390円だなんて、驚き!
露天がないのでブログに載せようか迷いましたが、温泉としてはやっぱりお薦めなので載せました。
■夢元 さぎり湯
登別市登別温泉町60
7:00〜22:00
大人390円
無休なのもいいですね!



posted by aalto at 13:22| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

翠蝶館(定山渓)その4

肝心なお風呂の紹介をしてませんでしたね(笑)

051120_0851~001.jpg
お風呂のフロアは下の階にあります。

051120_0850~001.jpg  。051120_0833~002.jpg
女性風呂に一歩入って・・・。脱衣コーナーのイスも。奥に扇風機が見えますね

運良く貸切状態でしたので、内部も撮ってみました。
内風呂には洗い場が11だったかな?湯船はふたつ。
051120_0832~002.jpg  051120_0833~001.jpg
檜風呂のいい匂いがします。露天・・夜は月が見えました。
客室20のホテルなので期待してなかったけれど、思ったよりも広く感じました。
夜も朝も貸切状態に近く落ち着いて入れました♪

岩盤浴もあるのですが、画像は撮れませんでした。
ちょっと、モルタルの匂いがします。そして、岩盤浴というより、普通のタイルだったような・・・?






posted by aalto at 17:12| ⛄| Comment(7) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

翠蝶館(定山渓)その3

051120_0906~002.jpg051120_0905~001.jpg051120_0904~001.jpg

今日は朝食メニューのご紹介です。
夕食と同じ「翠苑」でいただきました。
パンが3種類(クロワッサン、いちじくジャムのパン、バターロール)、ジュースはビーカーを思わせるグラスに3種類。爽やか風味の青汁、牛乳、オレンジをのせたトマトジュース(だったかな?)。
温泉たまご、フルーツ入りヨーグルト、チャーシューサラダはゴマみそのドレッシングで。

051120_0909~001.jpg  051120_0907~001.jpg
お粥とスープ。梅干とザーサイ。


わたし、温泉たまごをお粥にかけて食べました・・・(笑)
邪道ですよね〜。でも、美味しかった♪
051120_0911~001.jpg
  


posted by aalto at 17:58| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

翠蝶館(定山渓)その2

夕食メニューのご紹介。
「秋の菜譜」とメニューには書かれていました。フレンチの要素を取り込んだ薬膳中華料理だそうです。
女性向けの温泉ホテルだけあって、デザートが充実しています。
メインは鹿肉を選びました。これは、二種類のソースでとても美味しかったです♪
ワインがもう少し充実していたら嬉しいかな。せっかくなので、解禁になったばかりのボジョレー・ヌーボーを頼みました。

051120_0906~001.jpg  051119_2026~001.jpg
松茸・つぶ貝のコンビネーション、紅鮭の南蛮漬け(レモン風味)、湯葉せんべい

051119_2042~002.jpg  051119_2102~001.jpg

チャーシューロール すりみ、トマトの器で生クラゲの甘酢がけ、柿と共にピータンと湯葉の白和え(ゴマ味噌風味)、スカンピ(手長蝦)の老酒ソースがけ、烏賊と里芋の松茸見立て(ねぎソースと共に)・かぼちゃのポタージュスープ

5-1.jpg
蝦夷鹿 鞍下肉ソテー、ジャニエーブル風味のソース(秋の稔りを添えて)フォアグラ・トリュフ、北あかりのクロケット
(お魚コースはきんきのXO醤ソースがけ、ほっき貝とあわび茸の塩味炒め)

画像にはありませんが、「洋ナシとイチジクのフルーツコンポート」が出た後にご飯です。

3.jpg筍ご飯、フカヒレ・スープ

1-1.jpg  2-1.jpg
ココナッツのブランマンジェ、珪花陳酒のジュレとブドウ、りんごのテリーヌ仕立て、ヨーグルトのソルベ、さつま芋のモンブラン、バニラのグラス

コーヒーか中国茶がつきます。
posted by aalto at 16:49| ⛄| Comment(14) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

翠蝶館(定山渓)その1

051120_0951~001.jpg  051120_0850~002.jpg
紅葉時期は過ぎたけれど、「観楓会」で定山渓の温泉に行ってきました。
雪見の宿、と言った風情はいいものですね。

食事とエステ・・・女性向きの温泉ホテルとしてこの夏オープンした、第一ホテル別館「翠蝶館」です。
まだ若いホテルですから、これから期待できるようになると思います。
スタッフの方も若く一生懸命で好感が持てます。少し慣れた方がいると尚良いと思います。

051120_1037~001.jpg 051120_1040~001.jpgウェルカムデザート♪ 
051120_0859~001.jpg 051119_1857~002.jpg 051119_1857~001.jpg
コーヒーサービスが嬉しいロビー。くつろげるように、エントランスよりもフロアラインを下げてあります。マッサージチェアはエステコーナー内の他、その前にも二台。ホテルオリジナルの作務衣(さむえ)は購入もできます。個人専用のスリッパをプレゼントしてもらえるので、靴を履くことなくホテル内を歩けます。

(↓ここのブログでは初めての雪マークですね)
posted by aalto at 14:24| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

豊平峡温泉

051011_1359~001.jpg  051011_1359~001.jpg

今年は紅葉が遅れているようですけれど、来週はグンと冷え込むらしいですから一気に木々が赤く色付くことでしょうね。
豊平峡ダムは紅葉しているらしいのに、温泉だけで帰ってきてしまいました。

深夜12時までやっている年中無休の源泉100%温泉です。
お風呂が日替わりで男女入れ替えなんですよね。今回は水車がない露天風呂でした。
露天近くのもみじが1本だけ赤くなっていてきれいでしたよ。

着いてすぐに、半テラス式の食堂でチキンカレーとジュースを頼みました。
インド人が作る本格派のカレーとナンです。
1日20食限定のラムカレーがあることに、あとで気が付きました。
051011_1226~002.jpgこれはハスカップジュース

ハスカップは北海道の中でも限られたところでしか採れないんですよね。こちらのサイトの解説は詳しいです。

カレーは辛口の方が美味しいと思います。普通のだと、結構甘口なんですよ。
ここは喫煙できますが、隣の食堂内は禁煙です。
大きな窓を開けてあると「おそと気分」が味わえます。床暖房が入っているため寒くないです。
051011_1210~001.jpg
窓の桟も写してみました

■豊平峡温泉
札幌市南区定山渓608番地
おとな料金1000円、子供500円
年中無休 平日10:00〜0:00/日・祝日9:00〜0:00

http://www.hoheikyo.co.jp/frame-top.htm








posted by aalto at 11:47| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

スパ・イン・メープルロッジ(岩見沢)

メープル小学校って、とってもかわいい響きでしょ?スパ・イン・メープルロッジに行く途中に見つけました。1999年にふたつの小学校が統合して誕生した、2005年現在児童数32人の小さな小学校です。校舎が牧舎を思わせます。

のどかな風景が続く岩見沢郊外にある「スパ・イン・メープルロッジ」は毛陽小学校の跡地に建てられた宿泊ロッジを備えた温泉です。ですから、体育館やテニスコートなどもあります。
元は学校があったとは思えない、おしゃれなリゾートです。

わたしが訪れた時は雨。散策路やテラス席には行きませんでしたが、これから紅葉シーズンですからきっとステキだと思います。
温泉は大きくないけれど、ヒノキと御影石ふたつの浴槽があります。お風呂に浸かって窓からおそとを見るとのんびりできます。露天は水風呂のみですが、独立してサウナ小屋があるので気持ちがいいですよ。

帰りに売店でメープルシロップやメープルアイスを買うのもいいですね。
温泉だけだと大人800円と少し高く感じますが、平日の食事&温泉セットなら1200円とお得♪
ここのレストランは美味しいそうです。セットの食事内容は「石焼きビビンバ」
「グリル野菜と魚介のトマトスパ」などから選べるそうです。
わたしも今度はセットにします!!

■スパ・イン・メープルロッジ
岩見沢市毛陽町183番地
JR岩見沢駅から三井グリーンランド方向に入って20分(38号線沿い)
日帰り入浴 大人800円/小人250円 (6,500円の10枚綴りチケットあり)
日帰り入浴 11:00〜20:00(受付 19:00まで)
http://www.maplelodge.or.jp/index.html




posted by aalto at 13:12| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

銀婚湯(道南・八雲)

5号線を函館から札幌方向。八雲落部から左に曲がり10キロほど進んだところに「銀婚湯」がある。なかなか宿を取れないことで有名な温泉で、いつも素通りするのだけれど。
せめて日帰り入浴でも、と去年の夏に行ってみた。

ginkon040817_1608~001.jpg

大正天皇の銀婚式の日に湯源を掘り当てたので「銀婚湯」だそうだ。
木立に囲まれた温泉で、ゆったりした散策コースには川を渡る釣り橋があった。高所恐怖症のわたし。でも大丈夫だったわ。
turibasi040817_1516~001.jpg  semi040817_1522~001.jpg


蝉やオオムラサキかな?アゲハに出会った。栗の木や桜の木もある、もみじもね。温泉の敷地内にあるおうちの前にネコがいた。一匹は人懐っこいの。尻尾を立てて擦り寄ってきた。残り5匹は警戒して寄って来ない。飼い猫というより、餌だけもらって住み付いている猫達にも見える。

庭が5000坪と広く、温泉の建物は鄙びた感じを残しながらもきれいに改修して手をかけている。
建物の外には木をくり貫いた無料の足湯があって、これも良い感じ。
内風呂はおおきな木の浴槽があるだけ。林の中の露天は「野天」と書かれて、川のせせらぎが聞こえる。シンプルで落ち付く。

日帰りのお客にも「どこから来ましたか?」「車の運転に気をつけてお帰りください」と女将さんが声を掛けてくれるの。
ちょっとした気遣いが嬉しいです。
今度は泊まりで来たいな。

■銀婚湯
北海道山越郡八雲町上ノ湯199
日帰り入浴10:00〜16:00 大人¥700(子供半額)




posted by aalto at 13:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

フゴッペ温泉「貴泉天山楽」

わたしの好きな温泉のひとつ。
余市方面に行ったら寄りたくなる、素朴な温泉です。
自家源泉、周りの山で採った野草入りサウナと露天
今年2005年5月25日から従来の重曹芒硝泉の泉質にさらにカルシウム分が加わったそうです。

ここは、奥まった位置にひっそりあるのでその雰囲気も好きです。
内風呂からも木々が眺められるし、手作り風の露天と掘っ立て小屋といった方がいいようなサウナも大好き♪蒸した野草の蒸気が小屋いっぱいに広がって健康になれそう。
いつも低めの温度なので、サウナが苦手で長く入れないわたしにも向いています。
この前は、温泉自体すいていて出入りが少ないためか、かなり熱く感じました。

打たせ湯があるところ、最近少ないので嬉しいです。
ちょっと、リズムがずれてお湯が一定しないのがまた気持ちいい。
1箇所を集中されると、後で痛いので。

食堂は利用したことがないのだけど。
「海の幸カレー」がすんごく美味しそう。「はがくれ流串焼き」も面白そうですよ。
ちゃんと備長炭で焼いているんですね。不思議と「長崎ちゃんぽん」もあり。(しかも、本場って書いてある・・・。)

■フゴッペ温泉「貴泉天山楽」
北海道余市郡余市町栄町2001番地
日帰入浴 10:00〜22:00
入浴料 大人¥600(タオル¥200で売っています)
貴重品ロッカーの¥100は戻りませんよ!

今年9月23日(金)は「秋覚祭」。秋分の日ですね。
燻製の指導と燻製実演&即売会があるそうです。




posted by aalto at 13:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。